2018年02月13日

かぬま Short Film Festa 2018に行ってきました!

本当はその日のうちに記事を載せたかったけどいざ文字にしようとするとなかなか書けないのが自分の悪い癖。そんなわけで昨日2月12日に鹿沼市民文化センターにて開催された「かぬま Short Film Festa 2018」に行ってきました。

kanuma1.jpg

↑チョット見づらいかもフライヤーの方が分かりやすいかな?

kanuma4.PNG


こういったイベントには時間があったら行ってみたいという思いがあったものの、自分の休みはシフト制のために休みが合わなかったら諦めるしかありませんでした...でも今回は休みと合ったので実現することに!

このフェスは栃木県鹿沼市で撮影された短編映画13本を3部構成で上映するイベント。入場料は無料で海外のフェスにも出品された作品や国内のフェスで賞を獲得した 作品もあったり、映画の出演者や監督の舞台挨拶があったり、短編映画なので1つ1つの映画も飽きることなく観ることができてとても楽しかったです。

kanuma2.jpg

↑こちらは2部に上映された「咲夏〜鹿沼フォトラリー〜」の水野博章監督に石井杏奈さんとうえのやまさおりさんの舞台挨拶模様。劇中でかき氷を美味しそうに食べるシーンの石井さんが可愛かった〜

同時に写真展もやっており、そこで気づいたのが映画やドラマ、音楽PVのロケ地として鹿沼市が結構選ばれていること。映画「恋空」「永遠の0」、ドラマ「JIN -仁-」など挙げたらキリがないくらい、自分が実際に観ていたものもあってビックリでした。PVでは東方神起もこの市民文化センターのプラネタリウムで撮影されたことがあるというのも知って更にビックリでした。

自分は鹿沼市の出身というわけではなく、今から約15年位前の20代中盤から後半にかけて鹿沼で仕事をしていました。この時期は仕事も面白くて職場の人間関係も良く、休みになると職場の人たちとバドミントンをやりにフォレストアリーナに行ったり、ご飯を食べに行ったり、特にコバケンさんという先輩には良くしてもらって仕事帰りに飲みに誘ってもらって自宅にも泊めてもらったり、そうそう、自分がCDを出したのもこの時期、本当に色んな意味で自分がステップアップした時に多くの時間を過ごしたのが鹿沼、なのでいい思い出がたくさんあります。そして「咲夏〜鹿沼フォトラリー〜」にも出てきた「ニラそば」「鹿沼和牛」を初めて食べたのもこの時期だったりします。

それ以降は免許センターに行くとか、母が上都賀病院に数日入院したことがあってその程度しか行く機会がなかったので随分とご無沙汰だったんだな〜と。自分の家からは決して遠いわけではない鹿沼市、でも出かけるとしたら小山か宇都宮と2極化していることにも気づいちゃいました。本日のことを出掛ける前に母上様に話したところ、「なんで鹿沼なの?」「鹿沼に行ってどーすんの?」とグッサリ言ってきました

でも映画を観て思ったこと、それはおしゃれなお店や食べ物やコミカルな部分も当然良かったけどそれ以上に自然の豊かさに目を奪われた。栃木は確かに田舎だと思う。でも緑がたくさんある自然の風景がある中で生活している自分たちというのは、実はとても贅沢な生活を送っているのかもしれない、と。特に水と緑が交わる所、川の流れや田園風景とか雨が降る中に映し出される山の景色は自然の息づかいが感じられてすごく綺麗だった。そして路地裏のカフェにかき氷や観覧車なんかは万華鏡のようにキラキラしていました。

映像というのは本当に不思議なもので、実際自分の目で見ている景色もレンズを通してみるとまるで別世界。そのどれもが鹿沼で撮影されたなんてチョット信じられないくらい。どの映画も「儚い何かを伝えたい」と感じる映像と音楽とストーリーに透明感があって本当に素敵でした。これらを観たら確かに鹿沼に行ってみたくなりますね〜。

YouTubeに第1部に上映された近藤勇一監督の作品がアップされているので良かったらご覧になってください。自分がここで伝えきれなかったことが見えてくるはずです




posted by waterblue at 01:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

巡るこ〜ひ〜展に行ってきました。

宇都宮にあるギャラリー・ハンナで開催されている巡るこ〜ひ〜展に行ってきました。



hanna5.jpg


自分の地元でもコーヒーのフェスはやっているのは知ってはいますが、開催期間が週末だったりで毎回休みのタイミングが合わなかったり、気づいた時にはもう終わっていた…ということもあったので今回は遂に実現できてうれしかった〜

珈琲がメインというよりかはそこに彩を添える珈琲カップやケーキ皿などの展示がメイン。日替わりで美味しいコーヒーを淹れにスペシャリストが集まる、ということで珈琲大好きな自分はその珈琲を飲みに行きたかったのであります!

古き良き空間を感じさせるギャラリーにはユニークなものからいぶし銀なものにカラフルなコーヒーカップの数々に目を奪われました。自分は青色が好きなのでそれ系のカップは『欲しい〜!』となりましたね。

hanna3.JPG


hanna2.JPG


hanna1.JPG


スペシャルティコーヒーは気に入ったカップを選んでいただけます。本日は秋元珈琲焙煎所の深煎りモカ。深煎りだからすごく濃いのかな、と思ったらスッキリと飲みやすくて美味しかったです。

hanna4.jpg


珈琲豆の売っていたので買おうかな…とは思ったものの、年末に買ったスタバのコーヒー豆がたんまりあったので断念。でも場所が大田原市…チョット遠いな〜買っておけば良かったと後悔しています

このこーひー展は一か月開催しているので一度遊びにいらしてみてはいかがでしょうか。
最後に写真撮影を許可してくださったギャラリー店主様、ありがとうございました。優しく素敵な方でした。
場所は少し分かりづらいかも…でもスマホのGPSでナビってれば問題なしですね。

そしてそして珈琲巡りの後はレコード店巡り!というわけで宇都宮駅から近かったSnokey recordに初めてお邪魔しました。買ったのはライトメロウな1枚。

snokeylp.jpg


少し店主さんとお話ししながらレコードを買いたかったのですが...無言でサクサク漁りました
posted by waterblue at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

・冬に聴きたい洋楽プレイリスト:A story about my winter days 2018

今回は冬に聴きたい洋楽プレイリスト編です。

winter 2018.JPG


@ Soltwater - Julian Lennon
A When I'm not around - brightener
B Happy good morning blues - Bruce Cockburn
C Leroy boy - Bill Demain
D Motorway - California snow story
E We rule the school - Belle & Sebastian
F Bedford stop - Big phony
G Snow queen - The city
H Truthfully - Lisa Loeb
I Mean streets - Tennis
J Richard - Maria Solheim
K Skeletons - Rickie Lee Jones
L Wings(acoustic) - Birdy
M I don't know my name - Grace VanderWaal




前回でもちょこっと触れたテーマ「寒い冬の夜、1人お酒を飲んでいる時に流れてくるとハマりそうな音楽」で選曲。自分がホットワインを飲みたいと考えているのでジャケットはホットワイン仕様に。

今回もLP的な構成、A面は@〜Fで男性ボーカル、B面G〜Mは女性ボーカルで統一。男性ボーカルの方はDEのネオアコースティックがあるせいか、白くて淡い感じに、女性ボーカルの方はピアノと美しいメロディーが前面に出た凛とした感じになりました。

男性ボーカルの方はどの曲も大好きです。Bruce Cockburnは絶対入れたいと思っていました。それと年末から聴き始めたFはエリオット・スミスみたくて、プレイリストのテーマを決めた時にこの曲は外せないと思っていました。女性ボーカルの方では Rickie Lee JonesのKは初めて聴いた時から凄く綺麗な曲だな〜と思い、こんな綺麗で静かな曲のプレイリストを作れたら、と思った1曲です。Lisa LoebのHは聴いた人みんなが好きになるのではないかと思う1曲です。
ラベル:Winter
posted by waterblue at 00:23| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする