2018年06月16日

kowareyasui monogatari : Big Phony - Bobby

今回は自分が夜勤明けの就寝時に『My nightsift music』としてよく聴いているアルバムの紹介です。それでなくても雨の日とか雪の日とか『今日はちょっと外出したくないな〜』という気分の時や心も身体も「イン」な時に聴くとしっくりくる作品です。関東地方も梅雨入りしたので聴くにはとてもタイムリーな1枚かもしれません。

Big Phony - BOBBY - BIG PHONY BOBBY COVER ART.jpg






現在は韓国、ソウルを拠点に活動している韓国系アメリカ人SSW、Bobby Choyのソロユニット、Big Phonyが2014年2月にリリースしたアルバム『Bobby』を紹介。

このアルバムを聴き終えた時、真っ先に思い浮かんだのがエリオット・スミスの『XO』ブルース・コバーンの『High winds white sky』の2枚のアルバム。その時の気分で聴きたいテイストみたいなものはもちろん変化はしますが、この2枚のアルバムには自分が今求めているSSWの要素が全て揃っている。まずアコースティックであって、かつフォークという一括りでは言い表せないメロディーのセンス、そして少しウィスパーなボーカル、本作『Bobby』にはそれらの要素が揃っていると感じた。

自宅のベッドルームで録音されたという本作、アコースティックギターとピアノと彼のボーカル、そしてラップトップPC。ただそれだけのシンプルなアルバムではあるけれど、それでも彼の魅力は十分すぎるほど伝わってきます。

水が流れるようなギターに厳かさを感じるピアノの音、やはりアジアの血が混ざっていることが感じられるメロディーの美しさであったり親しみやすさであったり、そして何と言っても少し細めの儚くて甲高いボーカルが魅力的だ。

まるで少しでも乱暴に扱ってしまうと脆く崩れてしまうようなもの、それはひょっとしたらガールフレンドだったり、そうしたものを自分には大きな力はないけれども全力で大事に、大切に守っていこうとする強い意志が伝わってくるかのよう。そんな9曲の『コワレヤスイモノガタリ』は自分にとっては就寝前の安らげるひと時に聴く音楽でありながら静かに力が湧いてくる作品かと思います。

自分は@ABCDHが好きです。特にDのイントロがジョン・レノンの『Imagine』を思わせてハッとさせられます。
posted by waterblue at 17:54| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

時間のない森の中へ:来生たかお - 遊歩道

今回も前回のプレイリスト同様に『レコード・コレクターズ』で特集されていた邦楽シティ・ポップの名盤選からのチョイス。

遊歩道1.JPG


・来生たかお - 遊歩道

・Side 1
@High moon
A蜜月
B渚のほのめき (YouTube)
CMidnight step
・Side 2
@疑惑 (YouTube)
A坂道の天使
B蟠り
Cテレフォン・ララバイ
Dスローナイト


こちらは82年リリースの8作目。自分はレコードで聴いているので曲順はレコード仕様。

この頃の来生氏は自身の作品もコンスタントにリリースしながら作曲家としても大活躍だった時期。薬師丸ひろ子『セーラー服と機関銃』、大橋純子『シルエット・ロマンス』、中森明菜『セカンド・ラブ』そして自身の『夢の途中』、いずれも81年から82年にかけての提供曲でこれらのシングルは彼女たちの代表曲どころか後世に歌い継がれている曲ばかり、当然ながら本作も悪いわけがありません。

9曲全て作詞:来生えつこ・作曲:来生たかおの姉弟コンビ、参加ミュージシャンも坂本龍一、ギターに鈴木茂、松原正樹、芳野藤丸、コーラスに鳴海寛&山川恵津子の東北新幹線コンビ、と超豪華。

そして男のやるせないロマンを時には文学的に、時には俳句的な風情を携えたえつこさんの歌詞、たかお氏が作り出す英国気質の上品なメロディーとサウンドアプローチに抑制のきいたジェントルなボーカル、彼自身のアイディアによるアートワーク、見た目と中身の一体感はとても良くて『アダルトなエバーグリーン・ポップアルバム』と呼びたい1枚であります。

遊歩道2.JPG


たかお氏、またはこの姉弟コンビの作り出す音楽の魅力は何と言っても「時間が止まったような歌」を聴かせてくれるところ。

本作もアートワークのようにまるで時間のない深い森の中に迷い込んだ感じになります。そこに現れるのがたかお氏。ここでの彼はその深い森のマスター的な存在といったところでしょうか、初対面である自分に「タバコはいかがですか?」「珈琲はいかがですか?」とフレンドリーにもてなしてくれる。そして「せっかくピアノもあるので1曲歌わせてください」とサラッと歌を聴かせてくれる、気付いたら9曲も!本当に時間を忘れて彼の歌をずっと聴いていたいと思う、そんなアルバムです。

9曲全てオススメですが、特に坂本教授アレンジのSide-1(A面)が流れ的に好き。Aはメロディーが好き、Bのトロピカルな雰囲気は深い森の中でも光が射し込んでくるのが感じられて初夏を思わせます。

Side-2(B面)になると「夢の途中」の延長をいくドラマチックなシングル曲@が好き。都会的な洗練といったところではファルセットも飛び出す小粋なCとDを推したいです。

アレンジは坂本教授(A@〜C、BA)に星勝さん(B@BD)と矢倉銀(来生氏のペンネーム)(A@、BC)の3方、坂本教授のアレンジはVirginia Astleyの『Hope in a darkened heart』でも聴けるドリーミーなソウル感が漂っているのに対して、星氏のそれは楽器の音色がダイレクトに届くダイナミックな仕上がり。そのため夢見心地な坂本教授のアレンジに比べるとリアルに響くかも。来生氏のアレンジは坂本教授寄り?な感じがします。

それとSide-1@の『やるせなさを 男は背負うけれど 君にだけは さりげなく歌を唄う』という歌詞が来生たかおそのものを表現していてすごく好きです。

最後に、上記で触れたとおり彼の歌と姉弟コンビの書いた音楽の魅力は流行り廃りなんて言葉が陳腐に思えてしまえるような「時間が止まったような」歌を聴かせてくれるところであり、デビューから現在までボーカルを含めてそのスタンスは貫かれているように感じます。よって膨大なスタジオアルバムの中からどれか1枚を選ぶとなってもどこから選んでも問題なし!であります。

またベスト盤も多数リリースされており、おなじみヒット曲のセルフカバーも聴けるのでソングライティングの魅力が分かるというところではベスト盤もあり、ですね。
ラベル:80's J -pop SSW city pop
posted by waterblue at 00:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

雨の日に聴きたいJ-popプレイリスト:Silky rain song 2018

もうすぐ6月、梅雨入りもそろそろということで今回は雨の日に聴きたいプレイリストを紹介です。今年は珍しく邦楽バージョンです。

silky rain song 2018完全版.JPG


@ 雨のタップダンス - 大沢誉志幸
A 雨のハイウェイ - 原田真二
B バカンスはいつも雨 - 杉真理
C Rainy Walk - 山下達郎
D Sentimental sugar rain - 河合奈保子
E ふたりのRainy Day - 中原めいこ
F Rainy Day Woman - 松原みき
G セシールの雨傘 - 飯島真理
H サヨラナが聴こえる雨 - 安部恭弘
I 雨のフォーチュン - 池田聡
J 雨のステイション - ハイ・ファイ・セット
K 雨はいつか - センチメンタル・シティー・ロマンス
L 雨の街を - 荒井由実
M さよならレイニー・ステーション - 倉田まり子




今のマイ・ミュージック・ブームは「邦楽シティ・ポップ」。そうなった理由は↓↓

レコードコレクターズ.PNG


もともと80年代の音楽は好きなのですがそれを決定的にしたのが『レコード・コレクターズ』の3月と4月号で特集されていた70〜80年代の邦楽シティ・ポップ編。この影響でその周辺から雨にまつわる14曲をセレクト。すべてのタイトルに「雨」または「Rain」が入っています。いつもは音的に「○○っぽい」もので統一、とかテーマを一応考えているのですが今回統一したのはタイトルだけで音的な繋がりはバラバラです。なので楽しかったり泣き出したりが入り乱れ、でも自分の世代よりチョイ上のお兄様(今はおじ様)世代には懐かしく、レコードを聴き始めた若い世代なんかには新鮮なプレイリストかも。もともとはカフェでコーヒー飲みながらゆったりと聴ける内容にしたいと思っていたのでしっとりとしたCD、HからラストMの流れは好きでオススメです。

今回はお馴染みの「listband」の他に単独でYouTubeにいけるようにしました。➡♪をクリック!
ラベル:SSW J -pop 70's 80's Rain pop
posted by waterblue at 16:10| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする