2017年07月31日

最新USヒットチャートから:Bruno Mars - Versace on the floor

このカテゴリーの記事を書くのも久々です。最新といいながらもうすぐ新しいチャートが発表されてしまうので急がねば!というわけで、8/5付けのBillborad Hot 100から気になった曲を紹介。

・Bruno Mars - Versace on the floor



ブルーノ・マーズの「Versace on the floor」が登場6週目で先週57位から47位に上がってきました。この曲は彼の3rdアルバム「24K Magic」からの3rdシングルで、順調に順位を上げてきている感じですが、1stと2ndシングルもまだまだ頑張っているんです!1stの「24K Magic」は登場41週目で現在50位(最高位は4位)、見事に1位を獲った2nd「That's what I like」も再浮上の3位、とアルバムからカットされたシングル全てが50位以内に入っているというブレイク状態になっています。

この「Versace on the floor」は80年代のLisa Lisa and Cult Jamを思い起こすブラコンテイストのホットなスローナンバー。歌詞も「ライトを消して」とか「ヴェルサーチのドレスを脱いで」とかベッド・インを思わせるエロい内容でブルーノのボーカルもかなり興奮して熱気を帯びている感じが夏に向けてピッタリかと思います。というか、彼はハワイ出身ということもあってか、彼の存在自体が夏っぽいですよね。この曲もどこまで上がるかがとても楽しみです。

そしてチャートの方は男性ソロボーカリストが大人気。トップ10だけで見てみても、まずCharlie Puthの「Attention」が先週13位から10位でトップ10入り、9位にはSam Hunt 「Body like a back road」、8位にShawn Mendes 「There's nothing holdin' me back」、6位には28週連続でトップ10入りをしているEd Sheeran 「Shape of you」、3位にはブルーノの「That's what I like」と、この時期は女性ボーカルではなくて男性ボーカリストが豊作なのかもしれませんね。自分は男性ボーカルが好きなので大歓迎なのですが、ちょっと珍しい現象でもあるのかな、とも思っています。





ラベル:Top 40 2010's pop
posted by waterblue at 16:19| Comment(0) | 最新ヒットチャートから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

最新UKチャートから2曲:「Love」&「Paris」

今回は3月4日付けの全英チャートから気になった曲を2曲紹介。

イギリスはやっぱりエレクトロ/ダンス系が強い感じですね。それに対してアメリカはカントリー系が下位からじわじわと上がってきて、ヒップホップ/R&Bものが上位で長期間留まる傾向に感じます。トップ10的には両国とも同じようなものが入ってきてはいるものの、TOP40的にはお国柄が出てて結構面白いです。

・Lana Del Rey - Love




この曲は今週初登場で41位にランクイン。
名前こそ知ってはいたけど、曲自体はこの曲で初めて知った感じです。60年代のフレンチポップスみたいな甘くてメランコリックな感じに「おおっ!」となりました。こういう感じの曲は是非ともヒットしてもらいたい!来週の急上昇に期待しています。

・The Chainsmokers - Paris





今最も旬なデュオかもしれないThe chainsmokers。この曲は今週8位に、そして同週のアメリカでは11位に付けています。前シングル曲「Closer」ほど強烈な印象はないけど、こちらはリラックスできるクールダウンな1曲でこれも好き。ビデオも爽快な感じがGood!4月には初のフルアルバムがリリースされるので期待です。

さて、この2曲以外ではやはりThe chainsmokersとCold playがコラボした「Something just like this」が30位に初登場でエントリー、トップ10内ではEd Sheeranが3曲同時エントリー、と更なるブレイク状態になっています。今週は初登場曲が割と多くて面白かったです。

ラベル:Top 40 UK
posted by waterblue at 17:17| Comment(0) | 最新ヒットチャートから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

・最新USヒットチャートから:James Arthur - Say you won't let go

本日は2月4日付けのBillboard hot 100(全米シングルチャート)から1曲。この曲を含んだアルバム「Back from the edge」の日本盤が今月リリースされたのと、りゅうちぇるをフューチャーした日本限定のミュージックビデオも制作されたことで大きな反響を呼びそうな予感です。

・James Arthur - Say you won't let go〜最愛の君へ〜





この曲は既にイギリスで昨年の秋に3週連続で1位と獲っていて、今週の全英チャートでは登場20週目で12位。ヒットのピークも落ち着いて緩やかに下降しているイギリスとは反対に、アメリカでは上がり始めて今週は登場13週目で上昇中の30位につけています。

ジェイムス・アーサーは2012年の英オーディション番組「Xファクター」の覇者で全英1位となったシングル「Impossible」で華々しくデビュー。しかし、トラブル続きでレコード契約を切られて活動休止に追い込まれたことがあったよう。その後再びレコード契約に成功し、この「Say you won't let go〜最愛の君へ〜」は復活1弾目のシングルになるんですね〜。

自分も去年の秋のプレイリストにこの曲を入れましたが、声、メロディーがすごくソウルフルで包容力を持った感じがとてもいいな、と思いました。歌詞もサブタイトル通りの最愛の人に贈るラブレター的な内容でセンシティブな男性の一面が垣間見えるところがいいです。チャートの方はどこまで上がるかが楽しみ。

そして今年に入ってからチャートの変動、特にトップ10内での動きが多くて、初週でいきなりトップ10に入ってくることが多いですね。先週はEd Sheeranが2曲同時にランクインさせて今週はThe Chainsmokersの「Paris」がHot shot debut(今週が初登場の曲の中で最も最高位が高い曲)で7位に入ってきました。まだ「Closer」が4位につけているのに…。大ブレイク状態ですね。
ラベル:Top 40 UK US SSW
posted by waterblue at 00:10| Comment(2) | 最新ヒットチャートから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2016全米年間チャートからのフェイバリット+α

本日で2016年も終わり、というかあとわずかですね…と書きたかったけど時間切れで年が明けてしまいました。明けましておめでとうございます。今回は毎年末恒例の年間チャートからのフェイバリットと2016年に聴いて良かったものを紹介。

2016年のチャートで思ったのは、同じ週に同じアーティストの歌が同時に複数曲ランクインするパターンを度々みました。これはダウンロードの影響もあるのかな、と思ったのと、とにかくチャートアクションの変動が少なくて長期間留まっているケースが多い。日本にもビルボードはあるけど大分違うことを感じました。

さて、2015年は年間1位の予想は簡単につけられましたが、2016年は見当がつかなかったです。ただ、Justin Bieberなのか、Drakeか、Adeleなのか?は絞ることまではできましたが結果は…

1位はJustin Bieber「Love yourself」、2位も「Sorry」とワン・ツー・フィニッシュとなりました。ま、なんとなく予想が当たったような感じではありますが、「Sorryじゃなくてこの曲が1位なの?」というのが率直な感想。



派手な曲がシングルカットされてきたので、随分地味に聴こえてしまったこの曲、だけどアコースティックで味わい深い感じが幅広い年齢層で支持されたのは想像できます。パントマイムを取り入れたビデオは透明感のある素敵な内容で毎回見入ってしまうくらい好きなビデオです。

全米年間トップ50はこちらから➡Billboard Hot 100 - Top 50 Singles of 2016

あとは2016年の年間チャートに入った中からのフェイバリットを紹介。

・年間9位:Jutin Timberlake - Can't stop the feeling



映画「Trolls」のテーマ曲にもなっているこの曲は初登場で1位を獲得、1位は1週だけだったけど現在もチャートイン中。改めて彼の人気の高さを知らしめた1曲ですね。久々に彼のアップテンポの歌を聴いた印象を持ちました。元気になれます。

・年間10位:The Chainsmokers ft.Halsey - Closer



最新チャートでまだ3位につけていながらもう2016年の年間10位は相当な勢いでヒットしたことが伺えます。自分も2016年に聴いたヒット曲の中ではこの曲が一番好き。
この曲を聴いた瞬間から「これは余裕で1位を獲るな」と思った。案の定で12週連続1位です。

・年間15位:Mike Posner - I took a pill in biza



この曲はじりじりと上昇して4位が最高位。ヒットしたのはリミックス・バージョンの方ですね。オリジナルは予想がつかないほどシンプルなフォーキー・チューン。ビデオはグロいシーンがあるのであまり好きではないけど曲はダンサブルで好き。

チャート以外からのフェイバリットは以下のもの。リリースは2015年だけどCDやダウンロードしたのが2016年のものも含まれてます。ヒット曲はアッパーなものを好んでそれ以外は透明感のある静か目なものを好む傾向でした。

・brightener - When I'm Not Around



・William Sikström - I Need You



・Trevor James Tillery - Sleeptalking



・Taji - Swimming



・The yearning - When I Lost You



2016年も当ブログを読んで下さってありがとうございました。今年も読んでいただけるような記事を出来るだけ書いていきたいと思っているので頑張ります。どうぞ本年も宜しくお願い致します。
posted by waterblue at 00:51| Comment(0) | 最新ヒットチャートから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

最新ヒットチャートから:Charlie Puth - We Don't Talk Anymore(feat. Selena Gomez)

最新、とか言っときながらそろそろ新しいチャートが発表されるはずですが、ちょっと待ってられなくて記事を書いちゃいます。

今回は9月10付の全米・全英チャートからのチョイスです。

・Charlie Puth - We Don't Talk Anymore(feat. Selena Gomez)



新世代のSSWであり、ピアノマンでもあるチャーリー・プースの1st「Nine Track Mind 」からの3rdシングルが、まずアメリカで13位、イギリスで14位と上昇中でトップ10入り間近まで迫ってきています。

「Marvin Gaye(feat. Meghan Trainor)」「One Call Away」といった前出のシングル2枚ではピアノが前面に出た楽曲でしたが、こちらは趣が違うコンテンポラリーな感じですね。PVも若さあふれるフレッシュな感じ良くて、ビデオに登場する女の子がかわいい。それと、2分割のビデオがまた流行りだしたんですかね?こういう感じ、結構好きです。






posted by waterblue at 16:09| Comment(0) | 最新ヒットチャートから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする