2018年01月25日

・本日の1曲:Bill Demain - Leroy boy

現在、冬に聴きたい洋楽プレイリストの2018年バージョンを選曲中。今回「静かな空間でホットワインを飲んでいる時に流れてきたらいいなぁ♪」というテーマで選曲しています。なので静かなものやハートウォーミングなものを中心に選んでいこうと思っています。

本日の1曲はそのプレイリストからの先行カット的に紹介します。最初に聴いた時のインパクトは最強!「ドカ〜ン!!!」とマイ・ヒット・チャートでは初登場で1位の、デカいのが一発きた感じです。

・Bill Demain - Leroy boy(YouTube)


Transatlantic Romantic.jpg






昨年11月にリリースされたアルバム「Transatlantic Romantic」からの1曲。一瞬「トッド・ラングレン?」と思ってしまったほどのトッド・ライクな70年代風の甘く切ないメロディーとボーカルが見事。こういう感じの歌は本当に大好きですね。

Bill Demainとはどんなキャリアの持ち主なのか検索してみたら、Swan Diveのビル・ディメインだったんですね〜。なるほど〜、こんな曲を作るのもなんか納得してしまいました。

Swan Diveはそのビルとモリー・フェルダーによるナッシュビルを拠点に活動しているポップデュオ。ブラッド・ジョーンズをプロデューサーに迎えて作られたアルバムの数々は60年代〜70年代の古き良きアメリカンポップスを再現させるような良心的な作品ばかり。自分も一昔は大好きでアルバムをよく聴いていた時期があります。日本では90年代後半に「Groovy Tuesday」や「Circle」といった曲がFMでパワープレイされて有名かを思います。





自分もあっちへ〜こっちへ〜フラフラしながら音楽を聴いているのでチョット忘れていましたね。久々に聴いてみようと思います。
ラベル:SSW US pop 2010's
posted by waterblue at 00:18| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

サンタが泣いた涙のクリスマスにRegrets

今の自分には心の痛みを感じたクリスマスがお似合いな感じ。そんなセンチメンタルなクリスマスソングを少しばかりセレクト。

・角松敏生 - サンタが泣いた日 (YouTube)

tears.PNG


91年リリースのバラードベスト「Tears ballad」より。このアルバムには中山美穂さんに提供された「You're my only shinin' star」のセルフカバーも収録されています。音がとても繊細で言葉がとても響く素敵なベスト盤です。

・槇原敬之 - 涙のクリスマス (YouTube)

maki.JPG


92年リリースの3rd「君は僕の宝物」より。槇原さんは「冬がはじまるよ」など数多くの冬の名曲を残している男性SSWの1人、というかダントツでしょうね。自分は彼しか思い浮かびません。村上春樹さんの世界観に似た歌詞がいつまでも色褪せず、このアルバムは全曲シングルカットが可能なほど素敵な曲が揃っています。

・KAN - Regrets (YouTube)

HAPPY TITLE -幸福選手権-.jpg


89年リリースの4th「HAPPY TITLE−幸福選手権−」より。「愛は勝つ」よりも前の作品になるわけですが、自分はこの曲の方が好き。このアルバムには「東京ライフ」も収録されており、彼のキャリアでも重要な楽曲が収めされた貴重なアルバムかと思います。かなーり前に当時勤めていた会社の先輩と飲みにいったバーで店員さんに「ミッチ〜(当時呼ばれていた自分のあだ名)、クリスマスソング歌って〜!」と言われてこの曲を歌ったことがあります。KANさんはおそらくビリー・ジョエルの影響が強いメロディーを書く人、歌うと結構難しい...大失敗でした。

今年はしんみりとしたナンバーがズシンときた、そんなクリスマス。

 




posted by waterblue at 17:59| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

もうすぐクリスマス 2017: Sam Smith - Palace

ここ最近はずっと忙しくてわけわかめ状態気付いたらもう週末はクリスマスなんですね。

アップルの新CMもそんな感じの仕様になっていてやっぱりステキ。今回はそれをフューチャー。

・Sam Smith - Palace







アップルのCMは毎回とても綺麗なので新しいバージョンをいつも楽しみにしています。今回も期待を裏切らないロマンティックな演出が本当に素敵です。CM曲も同様でわずか数十秒にもかかわらず映像と音が一体となってその世界観に引き込まれてしまうからスゴイです。

今回はサム・スミスの「Palace」を起用、こちらは先月リリースされた2ndアルバム「The Thrill Of It All 」の収録曲。彼独特の儚くて悲しい、でも生きる希望が伝わってくるソウルフルな魅力が詰まった曲だと思います。

このアルバムからの1stカット「Too Good At Goodbyes 」が12月23日付けの全米チャートで6位にランクインされて現在大ヒット中。1stアルバムは一通り聴いて、2ndアルバムに関してはまだ視聴のみでまだ買ってないですが(というか自分の予算による順番待ち状態)近いうちにちゃんと聴きたいですね。LPがプレスされているならばLPで聴いてみたい。そしてこの曲のイメージがとても大きな比重を占めているせいか、心の痛みがアンプで増幅したセンチメンタルな作品になっている「匂い」が感じられます。




今週末はなんと自分は休みなんですね〜。でも休む度に会社から電話がかかってくる…電話の冒頭「お休みのところ申し訳ありませ〜ん」←そんなこと絶対思ってねーだろーっ!この一言、毎回イラッとします。
ラベル:UK 2010's pop SSW
posted by waterblue at 18:10| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

本日の1曲:Roxette - The Sweet Hello, The Sad Goodbye

天気が悪い…秋を通り越して冬になってしまいそうな感じですね…
そろそろ秋のプレイリストを作らないと、と現在選曲している最中です。季節のプレイリストはその時に自分が聴きたいテイストのものがテーマになって選曲していますが、今年は歌い上げ系の女性ボーカルものが聴きたいのでそれで統一してみようかと。本日の1曲はその先行カットで紹介。

・Roxette - The Sweet Hello, The Sad Goodbye(YouTube)


Rarities.jpg


この曲は彼らの3rdアルバム「Joyride -ふたりのときめき-」(1991年)からの3rdシングルとして91年10月にリリースされた「Spending my time」のアルバム未収録のB面曲。初めてこの曲を聴いたとき、「これでB面なんだ…」と思った…。




ロクセットならではの切なさ満載な1曲、特にイントロと間奏で奏でられたピアノの音色が北欧の透明感を強く感じられて好きです

91年当時の彼らは人気絶頂。「Joyride」は売れに売れて1000万枚以上のセールスを記録したといわれています。確かに収録曲はどれもしっかりと作られているのが伝わってくるし、このレベルの曲がB面に回ってしまうほど他の楽曲も充実していたことがよくわかります

この曲は後にLaura Braniganが7thアルバム「Over my heart」(1993年)で取り上げています。こちらはギターが前に出て、彼女独特のキリッとしたボーカルが映えたロックな仕上がり。

・Laura Branigan - The Sweet Hello, The Sad Goodbye(YouTube)


ロクセットというとメロディーが先行しているイメージを持たれがちですが、実は歌詞も秀逸。特に別れの歌は感情とシチュエーションがクッキリと見えてきて感情移入しやすいんです。そのためにマリーとローラも似たような解釈を持って歌っているように感じます。

この曲は95年の来日公演を記念してリリースされたアルバム未収録曲とデモ音源のコンピ盤「Rarities(邦題:ヒッツ・アフター・ヒッツ)」に収録されています。この少し前に「Sleeping in my car」が日本でも大ヒットしての来日公演だったので注目度が俄然高くてライブのレビューが新聞に載ったこともよく覚えています。この盤はオリコン・アルバムチャートでもトップ20入りするほどのヒットになっています。




『MTV アンプラグド』のライブ音源や映画「スーパーマリオ」の主題歌となった「Almost unreal」のデモバージョンも入っていたり、ファンとしては押さえておきたい1枚かと思います。ダウンロード配信もされているので入手は簡単です。


posted by waterblue at 17:36| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

本日の1曲:高野寛 - 国境の旅人

今回は高野さんがある記事に関してのコメントをフェイスブックに投稿していて、そこから触発されて書いてみました。そこには過去の楽曲にまつわるエピソードも書かれていて、作者がどんな思いを託して音楽を作っているのかが分かるとよりその人柄、歌詞とメロディーに深みと愛着が湧いてくる、それを思い知った1曲です。

・高野寛 - 国境の旅人

hullo hulloa.jpg




この曲は88年リリースのデビューアルバム「hullo hulloa」収録曲。そして最初のベスト盤「Timeless piece」には再録バージョンにて収録されています。

時計仕掛けのファンタジックなワルツ調のイントロから国境を自由に行き来する主人公を歌っているこの曲、「ペルシアンブルーの空を見る」「ヴィリディアンブルーの海を見る」「プラシアンブルーの夢を見た」という表現が「どんなブルーなんだろう」と想像を搔き立てられて自分はとても大好きなんですね〜。この曲はシングルにもなっていないし、もう30年くらい前になる初期に曲の割には今でも印象に残っています。この曲に関してこんなコメントを寄せています。勝手に拝借してしまいましたがどうかお許しを

親が転勤族だったから「故郷」と呼べる町がない。

静岡県出身だけど、今の実家は僕が社会に出てから建てられた家で、実家に帰っても幼馴染は近所にはいないのです。
幼稚園2つ、小学校3つ、中学2つ。大学は大阪に行ったから、成人式にも出なかったな。...

高野 寛さんの投稿 2017年9月24日


「経験」というのは形にとらわれずに色々な方法で表現ができると自分は思っています。彼は音楽を作っているからそれを歌詞とメロディー、そしてアレンジで表現したことは簡単に想像できます。ただ彼がデビュー当時からスゴかったのは、内省的にとられやすいテーマをファンタジーに置き換える語彙の豊かさ。この曲も自身を「旅人」と例え、よりグローバルな視点と想像力で表現した言葉の数々は高野さんならではないでしょうか。そしてどんなに前の作品でも「聴いたその時が新曲」にさせてしまう言葉選びと普遍的で美しいメロディーセンス。『色褪せないのではなく、進行形』そんな魅力は今も変わっていませんね。

YouTubeでオリジナルの音源を探してみましたが見つからず「土曜ソリトン」時代のスタジオライブの動画が見つかったのでそちらを貼っておきます。メロディーの美しさが際立ったアコースティック・バージョンで素敵です。

この番組でやった「デモテープ講座」を見て自分はMTRを知って宅録を始めた1人でした。いとも簡単にサッサッサと1曲作ってましたが、あれは無理デス!

高野さんは来月にミニアルバムをリリースするということなのでこちらも楽しみにしてます。それと「hullo hulloa」からは「See you again」と「夜の海を走って月を見た」も外せません。

ラベル:SSW J -pop 80's
posted by waterblue at 16:26| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする