2017年11月07日

秋に聴きたいJ-Popプレイリスト:Twilight time 2017 -J-Pop-

今回は前回の邦楽バージョン、自分の好きなジャンルの1つでもある80年代女性アイドルの秋ソングをセレクトしてみました。

twilight time  j pop 2017.jpg


@ 河合奈保子 - ラヴェンダー・リップス 
A 島田奈美 - パステル・ブルーのためいき
B WINK - One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜
C 堀ちえみ - 夕暮れ気分
D 南野陽子 - 接近 (アプローチ)
E 菊池桃子 - もう逢えないかもしれない
F 松本典子 - さよならと言われて
G 河合その子 - Jessy
H 小泉今日子 - 木枯らしに抱かれて
I 芳本美代子 - Auroraの少女
J 早見優 - アンサーソングは哀愁
K 浅香唯 - セシル
L 松田聖子 - ガラスの林檎
M 中森明菜 - トワイライト〜夕暮れ便り〜
N 本田美奈子 - The Cross 〜愛の十字架〜




これまでは洋楽メインのアルバム・レビューやプレイリストの記事を書いていたのでこれをパッと見られると自分のダークサイドが露呈してしまうと思ったので若干ためらった…

でもこのジャンルが好きな理由としては今や大御所を言われる作詞家・作曲家の先生方がどんな楽曲を彼女たちに提供していたか、という所なんです。

このプレイリストからは先日「紫綬褒章」を受章された松本隆さんの作詞がAIL、阿久悠さん作詞がJ、しかもAは作曲が林哲司さんにIが筒美京平さんとダブルで強力。作曲面では林哲司さんが@AE、Fがユーミン、そして11月6日で没後12年となった本田美奈子さんのNはなんとゲーリー・ムーアによる楽曲だった!いろいろ調べると結構面白いのがこのジャンルなんですね〜。

前半は柔らかく爽やかな選曲、後半はスローを中心に重めに作ってみました。

@は間奏の部分が林哲司さんらしく、Aも「♪パステル・ブルーの秋のセーターを」と爽やかで好きです。

Cはこのプレイリストの中でも1番好きかも。

F松本典子さんは中島みゆきさんからも楽曲提供があって、ユーミンとならぶ女性作家の女帝とも言うべき2人の曲を歌っていた稀な歌手だったと言えるでしょう。

早見優さんはブレイクがデビュー2年目だったので1年目のJは地味に扱われているように感じますが、哀愁のカサブランカ的でいい。

Iの芳本美代子さんはデビュー曲から松本隆さんが歌詞を手掛けているのがポイント、財津和夫さんも作曲で関わっていたり、と完全に聖子さん路線だったのがやはり2年目で筒美京平さん楽曲でトップ10入り、と事務所の先輩だった河合奈保子さん路線が功を奏した感じ。これ、渾身の1曲だと思います。

聖子さんと明菜さんはやはり格が違うのがよくわかります。ラストの本田美奈子さんのNは当時10代だったとは思えない難しい楽曲を見事に歌いこなしています。ゲーリー・ムーアが関わっているだけあってギターの哀愁感がスゴイ。


posted by waterblue at 18:10| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

秋に聴きたい洋楽プレイリスト:Twilight time 2017

気が付けばもう11月。今回は秋の洋楽プレイリストです。

twilight time 2017.jpg


@ Puff Johnson - Forever More
A Mariah Carey & Whitney Houston - When You Believe
B Natalie Cole - Miss You Like Crazy
C Wendy Moten - Change Of Heart
D Lura Branigan - How Am Supposed To Live Without You
E Evanescence - My Immortal
F Monica - Angel Of Mine
G Annie Lennox - Why
H Roxette - The Sweet Hello, The Sad Goodbye
I Celine Dion - Where Does My Heart Beat Now
J Julia Fordham - I Can't Help Myself
K Bette Midler - Wind Beneath My Wings
L Joanna Wang - Let's Start from Here
M Toni Braxton - Breathe Again





今年のテーマは「超歌姫のバラードっ!!!」。今の自分が聴きたいコッテコテのラブバラードをてんこ盛りにしました懐かしめのナンバーが占めていますが何れも知名度の高いものばかり。そしてFMみたいな、当時はあまり関心がなくて今頃になって良さが分ったり、そんなものを選曲してみました。

実は自分が作るプレイリストの曲順は「レコードのAB面」というこだわりがあるんです。A面は@〜F、B面がG〜Mという感じでそれぞれのサイドでドラマが展開されるようにしています。

今回はホットなR&B系の@FMが逆に秋っぽいかなと思って選曲してみました。そうしたホットな部分がありながらAのホイットニー・ヒューストンに@BDといった歌手は既にお亡くなりになっているのでもう生では聴けない思いが「涙色」のプレイリストになったと思います。そしてKはいつ聴いても感動します
ラベル:Female Singer
posted by waterblue at 17:54| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

夏の洋楽プレイリスト:Pure blue summer 2017

今回は夏の洋楽プレイリスト2017年バージョンです。出来ればお盆休み入る前に余裕を持って載せたかったのですが、ちょっとバテバテになってしまって、休みを待っての完成になりました。

pure blue 2017.jpg


・Pure blue summer 2017

@ The 1970s - Talc
A Janet - Bobby Caldwell
B Sweet freedom - Michael Mcdonald
C Spreading the news - Ole Borud
D I need you - William Sikström
E Lucky - Jason Mraz & Colbie Caillat
F Livin without you - Nohelani Cypriano
G Kyrie - Mr.mister
H The connection - Smooth reunion
I Shinning - Eric Russell
J Piano in the dark - Brenda Russell
K Friends in love - Dionne Warwick & Johnny Mathis
L Fallen - Lauren Wood
M Angel queen - Dara Sedaka




前回の記事でもなんとなくの予告はしてはいましたが、AORテイスト満載の大人な感じのプレイリストにしてみました。

ジャンル的にどうしても80年代でUSものが多くなってしまう予感がしたので@みたいな2000年代に入ってからのものとか、ちょっとハワイアンな感じのものEFを入れたり、ヨーロッパ産のIに2010年代辺りの北欧AORCDHを入れたり工夫はしてみました。

DILはアルバムのレビューも書きたいと思っているのと、Mはだいぶ前に記事を書いたことを思い出して入れてみました。自分的に今聴きたい洋楽はこんな感じのもの、ってことになります。特にAIは今回のテーマであるAORメインでやってみようと思ったきっかけのナンバーになります。

先日、自分が作っているプレイリストを楽しみにしている方がコメントを下さってとてもうれしかったです。来年はちょっと弾けたブラコンテイストを作ってみようかと思っています。今年もそんな感じのものを数曲選んではいましたが、収まりが悪くなるかな〜と思って外してしまったので。

Listbandの方は自分のパソコンだとインターネットエクスプローラーでは再生できないのですが他の方はどうなのでしょうか。ちなみにGoogle ChromeやSafariは問題なく再生できるので同じ問題があるようでしたらそちらで聴いてみてください。
posted by waterblue at 17:39| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

雨の日に聴きたい洋楽プレイリスト:Silky rain songs 2017

前回選曲中と申していたプレイリストが完成したので今回はそちらの公開です。

silky rain songs 2017.JPG


@ Don't Know Why - Jesse Harris
A Broken Wings (acoustic version) - Richard Page
B Rain - City and Colour
C Fire And Rain - James Taylor
D Naked as We Came - Iron and Wine
E Cannonball - Damien Rice
F In Case You Didn't Know - Brett Young
G If She Wants Me - Belle and Sebastian
H I saw - Matt Nathanson
I Romeo and Juliette are Drowning - Ben and Jason
J Rain Song - Led Zeppelin
K Maybe Tomorrow - Stereophonics





今年の春の洋楽プレイリストが女性ボーカルで統一していたので今回は男性ボーカルのみで、というプランで作ってみました。全曲アコースティックで青みがかった感じにしてみたくて、このプレイリストでゆったりとメロウな時間が過ごせることをお約束いたします!

このアコースティックな感じの構想に走ったのがBを聴いてすごくいいな〜と思ったところからなんです。それからよく考えたらCJのようなビンテージならではの美しい曲もあったり、最新ヒットのFをチャートのチェック中に発見したり、ふと思い出したブルージーなKもあったりで選曲は割と苦しまずにポンポンポンといけちゃいました。

来年は春を男性ボーカルで雨を女性ボーカルで統一したものを作ってみようかな、と思っています。

posted by waterblue at 14:00| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

春に聴きたい洋楽プレイリスト:Sakura rain 2017

本日は毎年恒例?となっている季節のプレイリスト・春編です。

sakura rain 2017.jpg


@ Downtown - Petula Clark
A Torn Between Two Lovers - Mary MacGregor
B Make Believe It's Your First Time - Karen Carpenter
C At Seventeen - Janis Ian
D In un fiore - Wilma Goich
E One Kiss Away - Patty Duke
F Wasn't It You - Peggy Lipton
G My Heart - Harriet Schock
H Sweet Seasons - Carole King
I Where Are You Now(my love?) - Jackie Trent
J The End Of The World - Skeeter Davis
K Love Is Blue - Claudine Longet




今月はトニー・ハッチ関連楽曲のアルバムをしばらくリピートで聴いていた影響もあってか、今回のプレイリストは60〜70年代の女性ボーカルで統一してみました。甘く切なく、静かだけど華やかな感じになったと思います。静かな曲が多いのは自分がそういう気分だったからで、とにかく静かにしていたい、落ち着きたいという気持ちの表れが反映されたものです。

そのトニー・ハッチ楽曲からは@Iをチョイス、甘くていいっDは「花のささやき」という邦題、これは母がレコードを持っていて自分が子供の頃よ〜く聴いていました。おそらく初めて洋楽を聴いたのはこの曲になるのかな〜と思います。そしてB、カレンはこれからもずっと自分の中では最高の女性シンガーであり続けるでしょう
posted by waterblue at 00:03| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする