2017年09月09日

・最新USチャートから:Logic featuring Alessia Cara & Khalid - 1-800-273-8255

今回は9月16日付けのBillboard Hot 100から気になった曲を紹介。

・Logic featuring Alessia Cara & Khalid - 1-800-273-8255



フューチャーされているAlessia CaraとKhalidは自身の楽曲が現在チャートイン中なので知っていましたがLogicというラッパーはこの曲で初めて知ることに。この曲は登場18週目で先週29位から今週9位と一気に上がってきました。

メロディーがすごく綺麗でそこに惹かれたわけですが、歌詞の内容はとてもシリアス。タイトルの「1-800-273-8255」というのは全米自殺予防ライフライン、いわゆる自殺防止のための電話相談の番号。つまり自殺をほのめかす内容の歌詞なのであります。

9月というのは自殺が多いとされる月と言われていて、ここ日本では9月10日〜9月16日までが「自殺予防週間」、そして9月10日は「世界自殺予防デー」と日本だけでなく世界レベルでその傾向ががあるようですね。おそらく、来る日が近づいたことが起因となってチャートが大きくジャンプアップしたのかと思われます。

この曲は悩みを一人で抱え込むな、死を選ぶ前にそれを誰かに話せ、あなたには今を生きなくてはいけない理由と意味がある、だから死ぬのではなく生きるんだ!それを教えてくれる場所は必ずある、というメッセージが込められていて、苦しんでいる人たちへのサジェスチョンとしてこのタイトルが付けられたのだと思います。ロジック自身もTwitterで「これまで作った曲の中で最も重要な曲」と言われているようです。

・歌詞の対訳を載せているサイトがあったので参考にさせていただきました。➡★★★

そしてミュージックビデオも、思春期におけるLGBTの問題がテーマとなっていて胸が締め付けられる、切ない痛みを感じる内容。自分はあまりにも切なくて、内容を知ってしまった後の再生はなかなか勇気がいるものでした。ジェンダーに対する偏見って根強いものがあるから、もし自分がその立場だったらどうするか考えさせられました。自分だったら絶対ばれないように秘密にしておきます。でもそれが暴かれて周りから軽蔑の目でみられるようになってしまったら、もしくはその秘密を抱えながら生きてゆくことに耐えられるのだろうか、そう思って行き着いた答えは「もうこの世から自分を消し去ってしまいたい」となってしまうんですよね〜…。これではいけませんね。因みに自分はジェンダーに対する偏見は全くないし、偏見の目で見る人も気持ちも理由もわかりません。人を好きになる事には変わりないのですから。

自分も小・中学校をイジメに遭っていて、小学校低学年の時は登校拒否児でした。親は不登校を許さず泣きわめく自分を引きずりながら学校に投げ込まれました。これがあったことで「休んでしまったらまた元に戻ってしまう」という思いが働いて、辛くてもこらえて登校、出勤できるようになったのかな、と思います。中学校の時は集団リンチにもあって首がむち打ち状態になったことも。首が腫れていることに気づかれてこの時は堪らず母に言いました。母はすぐさま担任に連絡して対応してくれなかったら教育委員に報告する、これで学校側も動いてくれました。自分には母という相談できる相手がいたから良かったのかもしれません。多分これをしなかったら自分は今いなかったと思います。「誰かに伝える」これは本当に大切だと思います。

さて、話はチャートに戻して今週はTaylor Swiftの新曲「Look what you made me do」が先週初登場で77位から一気に上がって1位になりました。人気はまだまだ衰えてませんね。
ラベル:US 2010's Top 40
posted by waterblue at 02:26| Comment(0) | 最新ヒットチャートから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: