2017年08月28日

本日の1曲:原田知世 - 時をかける少女(2017version)

今回はデビュー35周年を記念してこれまでの代表曲をリメイクしたベスト盤「音楽と私」を7月にリリースした原田知世さんの代名詞的なナンバー「時をかける少女」の最新バージョンを紹介。

tokiwokakeru.jpg




オリジナルは83年に公開された彼女主演の同名映画の主題歌でシングルとしては3枚目。ユーミンによる楽曲でアレンジは夫の正隆氏。オリコンでは最高2位を記録し、50万枚以上を売り上げた彼女最大のヒット曲でもあります。



この曲はリアルタイムでよく覚えています。とても透明感がある綺麗な声をしていて、レコードを親に買ってもらったことも。確か父の実家がある岩手県へ家族で帰省したときに母のいない隙をついて「エコー」というデパートで父に買ってもらったこともだ!

自分がレコードを持っている、そしてそれを毎日何回も聴いているということは当然のごとく彼女の歌は両親の耳にも望まなくとも聴こえてくるわけで、現在70にもなる母上様は今でもこの曲を口ずさめるし、歌えるのである。これって結構スゴイことですよね。レコードはキズだらけでもう聴けないけど、シングルベストはiTunesのライブラリーにしっかりと入っています。「天国にいちばん近い島」「彼と彼女のソネット」とかが好きだけどやっぱりこの曲が1番好きですね。

もうだいぶ前になるだろう、トーレ・ヨハンソン絡みの北欧ポップ路線で再ブレイクしてた頃に彼女が出演した音楽番組のことをよく覚えている。メインのゲスト1組だけで数曲披露する音楽番組だった。そのときのセットリストは「ロマンス」「シンシア」、そして「早春物語」の3曲を披露だったと思う。おそらくではあるが当時これを見ていた人は誰もこう思ったのではないだろうか、「『時をかける少女』は歌わないの〜」って。自分はそう思った。実際にMCからも「『時をかける少女』を歌ってくれると期待をしていましたが…」という投げかけに対して彼女は「もう少女ではないので…」となんともツレない回答をした。ま、「早春物語」もいい歌で好きだけどちょっとガッカリしてしまった。それを今でも覚えている自分もかなりオカシイ人間なのかもしれませんが、もう彼女は「時をかける少女」を今後歌わないのではないかと思った瞬間でもあった。

でもそれからしばらくして2007年、デビュー25周年の記念アルバム「music & me」に「時をかける少女」がシンプルなボサノバ・タッチにリメイクされて収録されていた。当時の彼女の音楽スタイルからして、このやり方は必然的だったとは思う。だけど求めていたオリジナルに近いスタイルで歌ってくれることはもうないんだな、とも思った。83年当時の彼女のボーカルはまだ未完成ではあったとは思うけど、それを「魅力」に変えて作品としては完成されてしまっている。ユーミンのセルフカバーも聴いてことがあるけど、やっぱり知世さんのボーカルで「時をかける少女」は成り立っていると感じた。だから今回の新録ベスト盤でのバージョンは聴く前から期待はしてなかった。

しかしっ!やっぱり気になって聴いてみたところ、今回はイイッ!この曲にはシンプルな感じよりも厚めの音の方が丁度いいようだ。オーケストラルでファンタジックに甦った「時をかける少女」の世界観はまさにフェアリーテイル。まるで絵本に登場する人や動物が動き出して草木は風に揺れているような、しなやかな躍動感も感じられて「新たに命を吹き込んだ」醍醐味が味わえる曲になっていてうれしかった。

ここで聴ける知世さんのボーカルは大貫妙子さん風かな。だからなのか、「ピーター・ラビットと私」が真っ先に思い浮かびました。

映画の方も後にドラマ化されたり、リメイクされたりで、時代を越えて愛されている作品となっています。この曲も映画と共に後世へ語り継がれていくことを願っています。

今回自分はCDではなく気に入ったものをダウンロードで購入する形を取りましたが、「ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ」も素晴らしかった!



posted by waterblue at 00:51| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: