2017年06月19日

本日の1曲:盧廣仲(Crowd Lu) - 魚仔

今日は市の運動公園で少しだけ筋トレと有酸素運動をしてきました。基本的には夜勤明けからの休みは次の日は昼の仕事になってしまうので軽めにやっています。それと肩こりか頭痛、どっちか忘れてしまったけどそれには有酸素運動が効果的だということをテレビで言っていたので、そのどっちも最近深刻な症状で鎮痛剤が手放せなくなっている自分としては少しでもいいから改善できればと思って休みの日は体を動かすように心掛けています。

運動中はどうしても単調になってしまうのでiPodが不可欠。シャッフルをして聴いていますが今回のシャッフルは梅雨の時期を読んでいるのか、スミスとかエリオット・スミスなどのアコースティックな曲が連続で流れてきました。そこで今回はこの曲!先日作った雨の日に聴きたい洋楽プレイリストの番外編ってな感じでアコースティックな感じがやはりステキです。

魚_仔.jpg




台湾のSSWで日本でも人気なクラウド・ルーの最新シングル「魚仔」を紹介。彼が主演のドラマ「花甲男孩轉大人」の主題歌にもなっているようです。

愛する人のために自分はまじめに頑張ってきたけど、ずっと待っているけど、あなたはどう思っているのか、そんな思いが行ったり来たり…とセンチメンタルな歌詞を切々と綴ったアコースティック・バラードで、自分が彼の好きな部分であるのがこの感じであります。思いの行ったり来たりの部分が地声と裏声でリンクさせてる感じも印象的。これも部屋で本を読んでいる時や夜勤後の就寝時に聴くと癒されますね〜。

MVも透明感があってこちらもステキ。特に壁をスクリーンにしてドラマのシーンを散りばめられている構成がイイッ!こういうのが大好きなんです。映画のサントラのビデオみたいのがね〜自分は大好きなんです。風で揺れるベッド・シーツに映画のシーンを映し出したRoxetteの「It Must Have Been Love」を思い起こしました(もっと印象的なものもあるのでしょうが、知識が狭いもので…不満な方、すみません)




彼の曲の中ではアルバム「Slow soul」に収録されていた「After dinner」という曲がとても好きで、今回の曲もその流れを汲んでる感じがしてお気に入りです。



この夏には最新アルバムの日本盤がリリースされるそうなので楽しみです。


posted by waterblue at 16:46| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: