2017年06月07日

本日の1曲:河内淳一 - Let the rain fall down

今日、四国〜関東甲信で梅雨入りしたと発表がありましたね。そんな感じのどんより曇り空な1日、今月は雨にまつわる音楽がメインの記事になりそうです。この時期のプレイリスト「Silky rain songs」も現在選曲中でアコースティックな感じにする予定です。雨にまつわる1曲目は河内淳一さんの曲。少し前に紹介した3rdアルバムのレビューでも少し触れてはいましたが、きちんと紹介しようと思いまして。

juice.PNG

・河内淳一 - Let the rain fall down (YouTube)

92年リリースの4作目「Juice」からの1曲で彼が敬愛するビル・チャップリンの楽曲です。この曲がカバーなのか書き下ろしなのかはちょーっと不明ではありますが、ソングライトにアレンジ、ギターにバックボーカルにプロデュースも彼が行っていて、河内淳一がビル・チャップリンの色に完全に染まった1曲と言えるでしょう。

曲的にはシカゴやTOTOを思わせるシャープなスローナンバー、終盤になるにつれて音の厚みが増していってパワフルにはなってきますがその言葉はちょっとフィットしなくて、「音が鋭くなっていく」という表現が合うかもしれません。河内さんのボーカルもかなりクリアーなハイトーンで「キレがある」感じが鮮烈に耳に残ります。この曲は英語詞の作品ですが、単に日本人が英語で歌っている、というレベルではなく、完全に洋楽と化した1曲ではないかと思います。ビルのバックボーカルがもう少し前に出てても良かったかな〜とは思ってしまいましたが

アルバムではこの曲以外だと爽やかな「Virgin Smileの君」が好きです。
ラベル:J -pop AOR 90's SSW
posted by waterblue at 16:11| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: