2016年11月29日

・本日の1曲:河合奈保子 - Finding each other (Duet with Steve Lukather )

本日は前回の延長戦(余計な事をたくさん書いてしまったので…)で奈保子さんの海外レコーディング2弾目からの1曲です。こちらもいい曲です。

・河合奈保子 - Finding each other(YouTube)

NINE HALF.jpg

この曲は85年12月にリリースされた12枚目のアルバム「9 1/2 Nine Half」収録曲で、ソングライトにはDavid FosterとRandy Goodrum、と超大物ソングライター2人の共作、そしてTOTOのSteve Lukatherとのデュエット曲になっています。

海外レコーディング1弾目の「Daydream Coast」でもフォスターは参加していたけど、楽曲の提供はなくて、本作で遂に実現。これぞDavid Foster!と思わせる、シルキーな感触がChicagoの「Hard to say I'm sorry - 素直になれなくて」と Mike Reno and Ann Wilsonの「Almost Paradise... Love Theme from Footloose」を思い起こさせる、ドラマティックなバラードになっています。因みにこちらはEric Carmenによる楽曲。

ボーカルに関してはワイルドだな、と思っていたSteve Lukatherのボーカルもここではフォスター・マナーに則ってソフトな歌声を披露、奈保子さんも英語詞を頑張って歌っています。サビのハモリ具合もいい感じです。

「Daydream Coast」では参加ミュージシャンが豪華でしたが、本作はソングライターが多彩なのがポイント。Foster同様「Daydream Coast」でのギタリストだったMichael Landau、Tom Keane、デビュー前のRichard Marxなどが参加していて、楽曲的にも、作風もミステリアスAORな感じがして自分は本作の方が好きですね。

奈保子さんの作品はデジタル配信されているので入手は簡単。お好みで好きな楽曲をダウンロードしてみてもいいかもしれません。

本作からもシングルカットはなし!なのですが、同時リリースでシングル「Through the window」が出されて、オリコンでは7位まで上昇しています。こちらは元PlayerのPeter Beckettによる楽曲でアルバムの内容を踏襲した、シャープなロックナンバーでこちらもいい。できればアルバムにも入れてもらいたかった…。

今回で奈保子さん関連の記事は一応完結。復帰はあるんでしょうか。自分は竹内まりやさんの楽曲での新曲が聴きたいですね。


ラベル:AOR 80's J -pop
posted by waterblue at 23:29| Comment(2) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
とても素晴らしい記事ですね。
拙ブログにリンクを貼らせていただきました。
問題がございましたら、ご指摘ください。
どうぞ、よろしくお願い致します。
Posted by smileforme at 2017年06月10日 00:04
smileforme様

コメントありがとうございます。

以前はこちらもリンクを貼らせてもらってありがとうございました。

お褒めの言葉、とても嬉しい限りです。

こちらの記事をリンクして頂けるなんてとても光栄です。是非とも宜しくお願い致します。

早速ですがブログ拝見させてもらいました。詞の対訳は自分も知りたかったのでとても嬉しいです。改めてコメントさせて頂きますね。
Posted by waterblue at 2017年06月11日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: