2018年07月10日

本日の1曲:Katsumi - 願い

10年越しのMV完成に感動。

seeds of love.jpg




この「願い」という曲は2008年リリースの9thアルバム『Seeds of love』の1曲目に収録されているナンバー。確か映画のエンディングテーマにもなったはず。歌詞が物凄く良いのでビデオにも映し出される歌詞にも注目です。モノクロームでKatsumiさんの歌唱シーンも透明感がある綺麗なビデオ、多くの人に見てもらいたいですね。髪型以外の容姿は90年代と変わりないのが奇跡的です。


アルバム『Seeds of love』は当ブログがスタートして間もない頃に取り上げています。リンクを貼りますのでアルバムの内容はそちらを見ていただけるとありがたいです。文章はヘタクソなので大きな期待を持たずに見てやってください。

posted by waterblue at 23:44| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

本日の1曲:Gangway - Colourful Combinations

お昼休憩中(夜勤のね!)にTwitterをサラッと見ていたところ、Gangway再結成と新曲発表のツイートが!!! 遂にリアルタイムでの新曲が聴ける、その時が来たんだと大興奮と同時にブログのネタは『これだ!』と。今回はそのGangwayが先月リリースしたシングルを紹介します。

Combinations.jpg




バンドは97年に解散、翌98年のベストアルバムで収録されていた2曲の新曲がバンドとして最後の録音になっていました。その後はボーカルのAllan Jensenが2002年にソロアルバムを出したり、ギターのHenrik Ballingは”The quiet boy”というユニットで2014年にシングルを出したりで断片的に個人の活動での音楽は知人を頼りまくって聴くことができていたのですが、バンドとしての新曲は実に20年振りになるんですね〜

この「Colourful Combinations」は彼らがギターポップからエレポップ路線へシフトしていった80年代後半から90年代中盤、アルバムでいうと「Happy ever after」「Optimism」辺りを感じさせるナンバー。カラフルというタイトル通りコーラスがとても色鮮やかなのが印象的。そして曲の透明度にボーカルは恐ろしいくらい変わっていなく、過去の楽曲を知っている方たちでも満足な1曲と言えるでしょう。ただ、かなりいかついオジサマたちになった容姿とのギャップは...半端ない...昔は格好良かったのにな〜...。でも作品はばっちりイケメンさんであることは間違いありません。あとはアルバムが出ることに期待ですね。

またYouTubeでも専用チャンネルが開設されていまして、過去のMVがいくつか見ることができます。おそらく順次アップされていくだろうと思われます。

もともとはGangwayが好きでそれを伝えたくてスタートさせたのがこのブログだったりします。さすがに全作書いていませんがいくつか彼らのレビューを書いているのでよかったらご覧ください。彼らの詳細が分かってくるかも。

・Ganway 「Re-Master Piecies」
・Gangway 「Sitting in the park」
・Gangway 「Happy ever after」
・Gangway 「My girl and me」
・Jensen 「One Fine Day」
posted by waterblue at 16:42| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

本日の1曲:林部智史 - 恋衣

先日の記事で来生たかおさんのアルバムを取り上げたこともあり、彼の現時点でのスタジオ最新作『ひたすらに』(2011年)をしばらく聴いていました。そんな中、楽曲提供のニュースが!

koigoromo.jpg




『カラオケバトル』でもお馴染みの「泣き歌の貴公子」林部智史さんの今月20日にリリースされたばかりの新曲『恋衣』を紹介します。

今回は日本を代表する作詞/作曲家の1人である阿木燿子さんと来生たかおさんコンビによる楽曲で話題性も十分。

阿木さんは旦那様である宇崎竜童さんとの夫婦コンビで山口百恵さんの『プレイバックPart2』など一連のヒット曲を手掛けたことであまりにも有名、対して来生氏はお姉様のえつこさんとの姉弟コンビで薬師丸ひろ子さんの『セーラー服と機関銃』などを手掛けたことで有名なわけですが、作詞:阿木燿子・作曲:来生たかおのコンビは初!!!とのこと。

この曲は林部さんの「声」を知ってから制作が始まったらしく、彼の透明感あるボーカルが映えた綺麗なバラード。そんな透明感を更に際立たせるべく、阿木燿子・来生たかおのソングライトの魅力も全開です。恋焦がれる人を見つめ、様々の思いに揺れ動く恋模様をビビットな色彩感覚で綴った歌詞にそんな揺れ動きを川の流れに例えたようなメロディーは日本を飛び越えたアジア的な美しさを感じます。

そこに阿木・来生氏コンビ楽曲の魅力に飲み込まれることなく「自分自身」をしっかり出している林部さんのボーカルはやはり素晴らしい。自分的には韓流ドラマの劇中歌でこの曲が流れてきたらばっちりハマるな〜なんて思いました。

これまでリリースされたシングルはいずれもロングヒット、今回も息の長いヒットになるのでしょうか。アジアの美しさを世界中に知らしめてほしい!!!そんな1曲です。

あとは来生氏のセルフカバーに期待ですね。
ラベル:2010's J -pop pop
posted by waterblue at 23:09| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする