2017年04月26日

本日の1曲:Olde Worlde - Daisies, Pears, The Sky

本日は多く語らず。歌もMVも淡い春を思わせて超いいっ!



来月には3年ぶりのアルバムが出るのですごく楽しみにしています!

この声で、メロディーで、このアコースティックな音で枯れ切った身体とハートを潤してほしいっ
タグ:SSW J -pop 2010's
posted by waterblue at 14:29| Comment(0) | 今週のヘビー・ローテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

春に聴きたい洋楽プレイリスト:Sakura rain 2017

本日は毎年恒例?となっている季節のプレイリスト・春編です。

sakura rain 2017.jpg


@ Downtown - Petula Clark
A Torn Between Two Lovers - Mary MacGregor
B Make Believe It's Your First Time - Karen Carpenter
C At Seventeen - Janis Ian
D In un fiore - Wilma Goich
E One Kiss Away - Patty Duke
F Wasn't It You - Peggy Lipton
G My Heart - Harriet Schock
H Sweet Seasons - Carole King
I Where Are You Now(my love?) - Jackie Trent
J The End Of The World - Skeeter Davis
K Love Is Blue - Claudine Longet




今月はトニー・ハッチ関連楽曲のアルバムをしばらくリピートで聴いていた影響もあってか、今回のプレイリストは60〜70年代の女性ボーカルで統一してみました。甘く切なく、静かだけど華やかな感じになったと思います。静かな曲が多いのは自分がそういう気分だったからで、とにかく静かにしていたい、落ち着きたいという気持ちの表れが反映されたものです。

そのトニー・ハッチ楽曲からは@Iをチョイス、甘くていいっDは「花のささやき」という邦題、これは母がレコードを持っていて自分が子供の頃よ〜く聴いていました。おそらく初めて洋楽を聴いたのはこの曲になるのかな〜と思います。そしてB、カレンはこれからもずっと自分の中では最高の女性シンガーであり続けるでしょう
posted by waterblue at 00:03| Comment(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

浅田真央選手の引退で思うこと。

浅田選手の引退、ついにこの日が来てしまったんだな…というのが率直な気持ち。ソチ五輪が集大成としていただけに、復帰して彼女のまたスケートを見ることができて嬉しかった。だからそんな風に思ったのかな…。




自分はジャンプよりもショート「ノクターン」で見せたナチュラルな表現力や彼女ならではの激しくて複雑なステップがとても好きでした。そしてソチ・オリンピックのフリーは今後も「伝説のフリー」として語り継がれていくでしょうね。



冒頭のトリプルアクセルも素晴らしかったけれど、自分はラストのトリプルループを決めたときの「ヨシっ!」という風に見えた表情がとても印象に残っています。そして演技を終えた後に映し出された佐藤信夫コーチが少し涙をこらえた感じで彼女をじっと見つめていた場面に実況アナウンサーの「これが浅田真央です!」のところは涙涙涙…。

オリンピックでは金メダルに届かなかったけれど、バンクーバー五輪でのショートとフリーで合わせて3回のトリプルアクセルにソチでは全種類の3回転ジャンプを成功、彼女は「伝説を作った唯一無二」の選手であったことは間違いありません。今後こんな選手が現れるのかな〜…

そんな「伝説」の場面を見ることができた自分達は最高に幸せ者だと思います。ま、引退といっても今後はアイスショーがあるから彼女のスケートを見る機会はあるのでこれからの活躍に期待しています!






posted by waterblue at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする